エコの輪の太陽光発電事業向け電力小売事業

あんしん太陽光発電エコの輪で太陽光発電事業をスタートした方はご存知とは思いますが、同社では電力の小売事業も行っています。
あんしん太陽光発電エコの輪の運営会社が行っている太陽光発電事業向け電力小売事業をチェックしてみましょう。

◆太陽光発電に必要な電力

まずは、太陽光発電システムで発電する時に必要な電力について確認しておくことにしましょう。
太陽光発電所を稼働させるためには、遠隔監視装置やパワーコンディショナーなどを動かすために電気が必要になります。
太陽光発電所で発電した電気を自家消費しないで全て電力会社に売る場合は、こうした装置を動かすために電気を買う必要があります。
電気の売買によって利益アップを目指すのであれば、毎月かかる電気料金の削減は必須事項と言えるでしょう。
同じ場所で同じ設備で電気の発電量を大幅に増やすことは簡単なことではありませんが、太陽光発電システムを稼働させるための経費削減を行うことは可能でしょう。

◆太陽光発電事業向け電力プラン

それでは、エコの輪を広げよう!を合い言葉としている株式会社エコスタイルが運営する電気料金プランをみてみましょう。
認定容量50kw未満の場合は、定額電灯契約となりますので、ソラともプランLが適用されて、需要家料金が無料になり、電気の料金単価も安くなるようです。
さらに、燃料費調整額も無料になりますし、解約違約金も発生しません。
認定容量50kw以上の場合は、高圧電力契約をされていることになりますので、ソラともプランHが該当し、最大でおよそ1割の電気料金の削減が期待出来るそうです。
どちらのプランもシミュレーションをエコの輪を推進している株式会社エコスタイルに依頼して、見積価格に納得された上での契約となります。
現在の契約先との解約手続きは株式会社エコスタイルで行ってくれるそうです。電気の切り替えは連系後最速で2ヶ月ほどかかるそうです。
こうした面倒な手続きを行うのもエコの輪を広げるためには必要なことかもしれません。

◆まとめ

エコの輪を広げるために大切な再生可能エネルギーの普及ですが、利益がアップするためのサポートはマストなのではないでしょうか?
株式会社エコスタイルは、これからもエコの輪を拡大するため、ランニングコスト削減のための手助けを行って欲しいものです。
もちろん、太陽光発電システムを稼働させるための電気の購入先を変更したからと言って、それまでの電気の買取先が変更にはならないようです。

投稿日: