エコの輪のソーラーサポートの必要性

ベストな状態を保つためには、定期的なメンテナンスを欠かすことは出来ないと思っている方は多いのではないでしょうか?
あんしん太陽光発電エコの輪が行っているソーラーサポートについて調べてみることにしましょう。

◆太陽光発電システムに定期メンテナンスは不要?

太陽光発電システムに関する情報の中に、定期メンテナンスは必要がないという主張を見かけることがあります。
こうした主張は、50kw未満の太陽光発電システムは「低圧」に当たるため、「キュービクル設備不要」、「法定点検不要」、「電気技術責任者の設置不要」と言われていることからくる誤解なのではないでしょうか?
これは、太陽光発電協会によって作成されたメンテナンスのガイドラインなのですが、メンテナンスの簡単さを示してはいますが、メンテナンスが必要ないということにはならないでしょう。
それを表すものとして、法定点検は不要と記載されていますが、法定点検の欄に「自主点検」と記載されています。高圧と特別高圧の場合は、法定点検も電気主任技術者も必要と記載されています。
エコの輪が提供するサポートシステムでは小さな不具合を発見するために定期メンテナンスは必要と考えているようです。

◆エコの輪のソーラーサポート

エコの輪が提供する定期メンテナンスは「ソーラーサポート」と呼ばれています。
あんしん太陽光発電エコの輪で投資された発電所設備だけでなく、他の業者から購入した設備の定期メンテナンスも依頼することが出来るそうです。
メンテナンスの主な内容は、ストリングスとモジュールのチェックをし、不具合の有無のチェックを行うそうです。
さらに、発電設備が据え付けられている場所の地面が崩れていたり、地盤沈下などが起こっていたりしないかチェックするために、架台の固定状態を確認したりするそうです。
もちろん、電気設備の点検も行われますが、ネジの緩みなど細かな部分の確認も行われるそうです。
エコの輪のソーラーサポートでは、発電設備のチェックだけでなく、発電のマイナス要因となりかねない雑草の除去も行っているそうです。

投稿日: