エコの輪を広げようプロジェクトその1

太陽光発電事業の投資専門会社である、株式会社エコスタイルでは、エコの輪を広げようプロジェクトを行っているそうです。
どのようなプロジェクトなのか覗いてみることにしましょう。

◆エコの輪を広げようプロジェクトとは?

株式会社エコスタイルが行っているエコの輪を広げようプロジェクトは、合い言葉をそのままプロジェクト名にしたようです。
再生可能エネルギーの普及・促進を企業目標としているそうです。具体的には、同社によって運営されている太陽光発電所にポータブル蓄電池を置いて、非常時であっても電気を利用することが可能な状況にするための活動を行っているそうです。
次世代に再生可能エネルギーや環境についての教育活動を行うこともエコの輪プロジェクトの地域貢献活動として大切な位置を占めているようです。
会社の人的資源の育成として様々な価値観や多様性を取り入れたダイバーシティを進めて行くことも目標として掲げられています。

◆おひさまっこプロジェクト

エコの輪を広げようプロジェクトでは、こうした会社の企業理念に基づいて更に地域への貢献活動が行われています。
地域の幼稚園や保育園に太陽光発電システムを贈っています。そして、おひさまっこプロジェクトは一般公募されており、いくつかの条件にマッチすれば応募することが可能です。
おひさまっこプロジェクトは、太陽光発電システムを設置することで、再生可能エネルギーを始めとした環境問題への関心をお子さんに持ってもらうことにあるそうです。そのため、幼稚園や保育園で環境問題について積極的に教えることが出来ない場合は、応募対象とならないそうです。
また、すぐに移転してしまう環境でもダメだそうで、10年以上は同じ場所で運営する予定であることも条件となっています。
設置環境として海岸から1キロメートル以上離れていることという要件もあります。
太陽光発電システムを設置した後も、メーカー保証だけでなく、無料点検サービスやエコの輪サポートを受けることが出来ますので、安心して利用することが出来そうです。
HPから問い合わせが出来ますので、興味がある人は問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

◆まとめ

株式会社エコスタイルが行っている、エコの輪を広げようプロジェクトについて紹介して来ましたが、いかがでしたでしょうか?
再生可能エネルギーのすそ野を広げるための取り組み、おひさまっこプロジェクトは寄贈後もしっかりとメンテナンスが行われるのは、最後まで責任を持つという企業姿勢の現れのように思えます。

投稿日:

エコの輪を広げようプロジェクトその2

太陽光発電事業の運営会社株式会社エコスタイルでは、エコの輪を広げようプロジェクトとしていくつかの取り組みを行っています。
今回は、クールスポット事業にフォーカスして見てみることにしましょう。

◆エコの輪を広げようプロジェクトの目標と推進事業

株式会社エコスタイルが行っているエコの輪を広げようプロジェクトの目標について、まず確認しておきましょう。
次世代のための環境保全を果たすことがエコの輪プロジェクトの最終目標と言えるでしょう。
そのための手段として、太陽光発電システムによる再生可能エネルギーの普及拡大を行い、次世代にバトンタッチすることに取り組んでいるようです。
そして、地域への貢献活動を積極的に行うために、地球環境活動推進事業を行っているそうです。具体的には大阪府が取り組んでいる環境活動事業に対してエコスタイルが協賛企業として、地域の公共施設に太陽光発電設備を無償で設置を行っているそうです。
設備を設置した後は、設置施設、エコスタイル、NPO団体などが協同で環境問題の推進の取り組みが行われているそうです。

◆クールスポット推進事業

エコの輪を広げようプロジェクトでは、クールスポット推進事業にも取り組んでいます。
大阪府が進めている「クールスポットモデル拠点推進事業」にエコスタイルが協賛した事業になります。クールスポットに電気を供給するための自家消費型太陽光発電設備を、エコスタイルが無償で設置するのだそうです。
この取り組みは、「大阪府環境保全基金」を利用して、大阪府が推進している事業になります。具体的には、夏の午後、屋外での暑さ対策として行われているものです。
屋外に樹木や日陰などを作ってクールスポットを設置するというプロジェクトになります。こうしたクールスポットを人為的に作ることで、ヒートアイランド現象の緩和などを目的としているようです。
施行事例として大学のキャンパスが紹介されていますが、確かに大学の広いキャンパスはヒートアイランド現象を起こしやすい場所かもしれません。
エコの輪プロジェクトから無償提供される太陽光発電は、クールスポットを維持するために必要なミスト発生器や散水設備などを稼働させるための電力供給に利用されているようです。

◆まとめ

エコの輪を広げようプロジェクトの一環として行われている協賛・推進事業についてご紹介して来ましたが、どちらも環境改善のための推進事業ですので、再生可能エネルギーが供給されることが重要と言えるでしょう。

投稿日:

エコの輪の電力小売事業

太陽光発電事業の運営を行っている株式会社エコスタイルでは、エコの輪を広げるために、電力小売り事業も行っています。
どのような特徴があるのかチェックしてみましょう。

◆エコの輪を広げるための電力小売事業とは?

エコの輪を広げようプロジェクトを推進している株式会社エコスタイルでは、効率的な運営と安定した電気の供給を目指した技術を駆使しているそうです。
再生可能エネルギーは地球に優しいエネルギーですが、その反面自然環境に左右されてしまうという不安要素があります。
エコの輪を広げるためには、再生可能エネルギーの欠点とも言えるこうした不安定要素をいかにカバー出来るかが大きな鍵となっているようです。
株式会社エコスタイルでは、気象予報士によって開発された需要と発電の予測技術を利用しているそうです。

◆個人向け電力プランの特徴

まずは、個人向け電力プランの特徴についてみておきましょう。
特徴として、①基本料金無料、②.燃料費調整額無料、③解約時違約金無料、④電力会社変更のリスク無しという点をあげることが出来るでしょう。
また、子育て中の家庭やシニア世代と同居している家庭の場合は、通常の料金よりお得に利用することが出来るようになっています。
20歳までのお子さん、あるいは60歳以上の家族と同居している場合、ソーシャルサポートプランを適用されることになります。
一般的な個人向けプランであるアットホームプラン料金から、毎月3%安く利用することが可能となります。
こうしたお得なプランがあるとエコの輪が広がって行きそうです。

◆法人向けプラン

次に、法人向けプランについてみてみることにしましょう。
法人向けプランの場合も個人向けプランと同様に基本料金、燃料費調整額、解約時違約金全て無料だそうです。
法人向けプランは、低圧電力、高圧電力・特別高圧電力からの切り替えにも対応していますので、安心して切り替えることが可能なようです。
また、二酸化炭素の排出量削減を考えている企業向けのプランも用意されています。
「REプラン」と自家消費型太陽光発電をハイブリッドすることで二酸化炭素の排出量を削減して環境に優しい電力使用のサポートが行われるそうです。
自家消費型太陽光発電によって発電された電気だけで、使用する電気全てをカバーすることが出来ないときに、株式会社エコスタイルから電気を買う仕組みになります。

◆まとめ

エコの輪を広げようプロジェクトを推進している株式会社エコスタイルが運営する電力小売事業について見てきました。再生可能エネルギーに切り替えることで節約出来て供給も安定しているのであれば、エコの輪は広がって行くのではないでしょうか?

管理人が選ぶサイト◇◇◇株式会社エコスタイル-あんしん太陽光発電のエコの輪-

投稿日:

エコの輪の太陽光発電事業向け電力小売事業

あんしん太陽光発電エコの輪で太陽光発電事業をスタートした方はご存知とは思いますが、同社では電力の小売事業も行っています。
あんしん太陽光発電エコの輪の運営会社が行っている太陽光発電事業向け電力小売事業をチェックしてみましょう。

◆太陽光発電に必要な電力

まずは、太陽光発電システムで発電する時に必要な電力について確認しておくことにしましょう。
太陽光発電所を稼働させるためには、遠隔監視装置やパワーコンディショナーなどを動かすために電気が必要になります。
太陽光発電所で発電した電気を自家消費しないで全て電力会社に売る場合は、こうした装置を動かすために電気を買う必要があります。
電気の売買によって利益アップを目指すのであれば、毎月かかる電気料金の削減は必須事項と言えるでしょう。
同じ場所で同じ設備で電気の発電量を大幅に増やすことは簡単なことではありませんが、太陽光発電システムを稼働させるための経費削減を行うことは可能でしょう。

◆太陽光発電事業向け電力プラン

それでは、エコの輪を広げよう!を合い言葉としている株式会社エコスタイルが運営する電気料金プランをみてみましょう。
認定容量50kw未満の場合は、定額電灯契約となりますので、ソラともプランLが適用されて、需要家料金が無料になり、電気の料金単価も安くなるようです。
さらに、燃料費調整額も無料になりますし、解約違約金も発生しません。
認定容量50kw以上の場合は、高圧電力契約をされていることになりますので、ソラともプランHが該当し、最大でおよそ1割の電気料金の削減が期待出来るそうです。
どちらのプランもシミュレーションをエコの輪を推進している株式会社エコスタイルに依頼して、見積価格に納得された上での契約となります。
現在の契約先との解約手続きは株式会社エコスタイルで行ってくれるそうです。電気の切り替えは連系後最速で2ヶ月ほどかかるそうです。
こうした面倒な手続きを行うのもエコの輪を広げるためには必要なことかもしれません。

◆まとめ

エコの輪を広げるために大切な再生可能エネルギーの普及ですが、利益がアップするためのサポートはマストなのではないでしょうか?
株式会社エコスタイルは、これからもエコの輪を拡大するため、ランニングコスト削減のための手助けを行って欲しいものです。
もちろん、太陽光発電システムを稼働させるための電気の購入先を変更したからと言って、それまでの電気の買取先が変更にはならないようです。

投稿日:

エコの輪のソーラーサポートの必要性

ベストな状態を保つためには、定期的なメンテナンスを欠かすことは出来ないと思っている方は多いのではないでしょうか?
あんしん太陽光発電エコの輪が行っているソーラーサポートについて調べてみることにしましょう。

◆太陽光発電システムに定期メンテナンスは不要?

太陽光発電システムに関する情報の中に、定期メンテナンスは必要がないという主張を見かけることがあります。
こうした主張は、50kw未満の太陽光発電システムは「低圧」に当たるため、「キュービクル設備不要」、「法定点検不要」、「電気技術責任者の設置不要」と言われていることからくる誤解なのではないでしょうか?
これは、太陽光発電協会によって作成されたメンテナンスのガイドラインなのですが、メンテナンスの簡単さを示してはいますが、メンテナンスが必要ないということにはならないでしょう。
それを表すものとして、法定点検は不要と記載されていますが、法定点検の欄に「自主点検」と記載されています。高圧と特別高圧の場合は、法定点検も電気主任技術者も必要と記載されています。
エコの輪が提供するサポートシステムでは小さな不具合を発見するために定期メンテナンスは必要と考えているようです。

◆エコの輪のソーラーサポート

エコの輪が提供する定期メンテナンスは「ソーラーサポート」と呼ばれています。
あんしん太陽光発電エコの輪で投資された発電所設備だけでなく、他の業者から購入した設備の定期メンテナンスも依頼することが出来るそうです。
メンテナンスの主な内容は、ストリングスとモジュールのチェックをし、不具合の有無のチェックを行うそうです。
さらに、発電設備が据え付けられている場所の地面が崩れていたり、地盤沈下などが起こっていたりしないかチェックするために、架台の固定状態を確認したりするそうです。
もちろん、電気設備の点検も行われますが、ネジの緩みなど細かな部分の確認も行われるそうです。
エコの輪のソーラーサポートでは、発電設備のチェックだけでなく、発電のマイナス要因となりかねない雑草の除去も行っているそうです。

投稿日: